予防接種

予防接種に対する当院の考え

お子さまの健やかな成長に欠かせない予防接種を確実に受けるため

スケジュールのご相談にも応じます。

予防接種は怖い感染症を防ぎ、お子さまの健やかな成長のためには大変重要です。

 

お子さまが生まれたら予防接種の知識を得て、予防接種のスケジュールを立てましょう。当院では予防接種のスケジュールのご相談にも応じています。体調を崩し、スケジュールどおりにいかないなどの際も、どうぞご相談ください。
そのほか、市から配られる予防接種の案内をご覧になられ、疑問や不安があればどうぞご相談ください。

 

当院では、乳幼児対象の公費で行える定期接種、任意接種に対応しています。
そのほか、インフルエンザ、65歳以上が対象の肺炎球菌ワクチンも接種可能です。

定期接種

BCG

結核の予防接種です。生後3カ月以上、6カ月未満の間に接種します。

麻疹風疹

麻疹は感染力が強く、まれに脳症も引き起こします怖い感染症です。1歳を迎えたら、早めに接種しましょう。
(1歳~2歳の間に1回、5歳~7歳未満の小学校就学前の一年間に1回接種)
風疹は妊娠中に感染すると胎児に影響が残る場合があります。2013年初頭は風疹が地域的に流行し、とくに首都圏での増加が報告されています。妊娠を考えている方はご家族でのワクチン接種をおすすめします。

日本脳炎

通常3歳から接種を行います。 3歳のときに2回。1年おいて4歳のときに1回接種します。9歳のときに2期接種を1回行います(2013年3月現在の標準的なスケジュール。生まれた年によって異なりますので、詳細はご確認ください)。

肺炎球菌

細菌性髄膜炎など、肺炎球菌による重い感染症を予防する、子ども用ワクチンです。
生後2カ月以上、7カ月未満で接種開始することを推奨します。
その場合4週間以上の間隔をあけて3回接種。1歳~1歳3カ月の間に1回します。

ヒブ

インフルエンザ菌b型による重症感染症の予防接種です。
2カ月以上、7カ月未満で接種開始することを推奨します。その場合、4~8週間以上の間隔をあけて3回。
おおむね1年をあけて1回接種します。

四種混合

2012年11月から三種混合(DPT=ジフテリア、百日せき、破傷風)にポリオ不活化ワクチン(小児マヒ)を加え、定期的に接種することになりました。
生後3カ月~1歳の間に3回(それぞれ3~8週間の間隔)で接種後、1年~1年半で1回接種します。

二種混合

ジフテリア・破傷風の予防接種です。
四種混合の第2期に、11歳~12歳の間に1回接種します。

※ヒブと肺炎球菌は同時接種に対応しています。

予防接種ご予約の方法

お子さまの接種スケジュールや体調に合わせて、お電話でご予約ください。
診療時間内の日時をご予約ください。随時受け付けています。母子手帳と白岡市配布の予診票をご用意ください。

【任意接種】
おたふくかぜ……6,800円
みずぼうそう……7,000円

 

【そのほかの予防接種】
高齢者肺炎球菌……自己負担8,000円
※公費による助成3,000円(対象=65歳以上)

白岡市でお身体に何かありましたらご相談ください。

杉本医院では内科、小児科、生活習慣病はもちろん

予防接種や健康診断、在宅医療も行っております。

  • tel_0480-92-1817.png
staff staff blog